Site search

最近の投稿

Site search

Categories

2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Tags

消費者金融の融資の申込み方法。

思わぬ出費があったり、いつもより出費が重なったりとか、給料日まで財布の中身が心細いので一時しのぎにカードローンを申し込んでみようかなど思った方も多いと思います。

消費者金融で融資を受けるには最低限の条件があり、年齢が20歳以上69歳までの安定した収入が有る事が条件で、借入限度額は総量規制対象外商品をのぞいてフリーローンなど自由に使えるカードローンは年収の3分の1以下となっていますが、通常初回の申込みは低くおさえられますが、返済を遅滞なく続けていけば増額するという事もできます。

融資の申込方法はそれぞれの消費者金融で違いますが、パソコンやスマホ、携帯からインターネットを使った申込方法、自動契約機、店舗窓口、電話などの方法がありますが、最近はわざわざ出向かなくても申込みから口座への振込が出来るweb契約が主流で、申込みから審査が終わるまでに場合にもよりますが30分と非常に早く、現金が必要な場合もネットを使って契約を済ませ、自動契約機からカードを発行してもらいATMから出金するといった方法もとられているようです。

融資を受けて次の給料日には全額払える時は無料金利期間を設けている消費者金融もあるので、それを利用すれば金利を払わなくてもいいというお得なサービスを使う事もできます。

初めて融資を受ける時は多少時間をかけてでも融資を受けるにはどこがいいかをホームページから比較したり、口コミの評判などを見て検討することをお勧めします。

営業時間が長いプロミス

プロミスは営業時間の長いカードローン会社と言えます。他のカードローン会社のサービスコーナーが20時や21時という所が多いのに対し、プロミスの無人契約機にあるプロミスATMの機械は深夜24時まで利用する事が出来るのです。もし、夜中に突然返済日の事を思い出したり、急に明日までにお金を用意しなくてはいけない…という様な場合は、是非営業時間の長い、プロミスATMを利用すると良いでしょう。プロミスのATMを使えば、いつでも利用手数料無料でキャッシングをする事が出来ます。返済も同じく無料で出来るので、コンビニATMを使うよりも、お得にカードローンを使う事が出来ます。

ただし、最も営業時間が長いのは「web会員サービス」での利用になります。インターネットにある、プロミス会員サイトを使えば朝でも真夜中でも、24時間いつでもお金を出し入れする事が可能です。年中無休で利用出来るカードローンと言えば、これが最も便利な方法になるでしょう。

最近では、スマートフォンやタブレット端末を持ち歩く方が増えて来ています。この場合は、場所も時間も気にせず、好きな時にお金を扱う事が出来るのです。特にプロミスの場合は、三井住友銀行や三菱東京UFJなどのオンラインバンク口座を開設しておけば大変便利です。もちろん、楽天銀行やジャパンネット銀行、その他のオンラインバンクでも便利に手数料無料でカードローンサービスを使うこなす事が出来ます。

まだネットバンキングをお持ちでない方は、この機会に開設しておく事をおすすめします。

信販系カードローンとは

カードローンで「信販系」カードローンという言葉を聞いたことがないという方もおられますが、信販系カードローンはクレジット会社が発行しているカードローンの事で「VISA」「楽天カード」「オリックス」と言えば知ってる方も多いと思います。

信販系カードローンはクレジットカードにキャッシングの機能をつけたカードの事で、商品購入時や食事の時はクレジット機能を使い、現金の持ち合わせが少ない時はキャッシング機能を使うといった、1枚で二通りの使い方が出来る便利なカードと言えます。

商品購入にしろ現金を借りる時でもその会社から立て替えてもらい、後日返済するという事においては同じことから信販会社もクレジットだけにとどまらず、キャッシングにも利用してもらうという事から多くの信販会社は、キャッシング機能をつけたクレジットカードを発行するようになりました。

信販系カードローンは銀行系と同じように母体が大きいことや、CMなどでもよく名前を見るといった安心感がある事や、すでにクレジットカードを持っている人から見ると銀行系カードローンと比べてより身近な存在と言えます。

カードが一枚あればクレジットにもキャッシングにも利用できるので便利なカードと言えますが、金利を見ると消費者金融よりわずかに低く銀行に比べて少し高いといった点や、カードローンのような即日発行はなく、郵送されて来るまで2週間程度が必要ですし、おまとめローン 審査で通りやすいカードローンに比べて借入限度額が低く抑えられているといったところがデメリットといえるでしょう。

銀行カードローンの審査基準は厳しいのでしょうか。

お金を借りたいと思ったときに、銀行カードローンは便利です。ご利用可能枠の範囲内であれば、何度でも繰り返し利用することができます。カードローンを利用するためには審査があります。銀行の審査基準は厳しいのでしょうか。


カードローンの審査は、融資したお金を返済する能力があるかどうかを見ています。銀行でも消費者金融でも新車で見るところは同じですが、銀行や消費者金融各々の会社で基準があります。審査が厳しいと言ってもやみくもに落とすことはありません。


銀行で重視される点は、年収を重視する傾向があるようです。また、安定した収入があるかどうか、勤務しているかどうかなどです。ですから、在籍確認の電話はります。だからと言って、カードローンを申し込んだことが他人に知られることはありません。


また、審査のスピードも早くなってきています。申し込みから審査まで30分くらいのところもあり、即日借入も可能になっています。お借入は銀行のATMや、提携しているコンビニATMもご利用でき、24時間365日いつでもご利用できます。

消費者金融の金利

消費者金融カードローンの多くは、4.5%から18.0%未満の金利で貸付けを行っています。銀行ローンよりも少し高めの設定となっていますが、大口融資を受ける事が出来れば、銀行ローンと変わらない低い金利で借入をする事が可能です。

対して銀行ローンは、平均3.0%から最大18.0%と、各銀行やローン商品によって金利にバラツキがあります。銀行ローンの場合、低い金利で安心して借入が出来ると思われがちですが、消費者金融カードローンと大きな違いは感じられません。特に、銀行のローンは(消費者金融カードローンに比べて)審査が厳しく行われるため、収入と借入のバランスが良くなければ、審査に通るのが難しくなるでしょう……。

ただし、銀行ローンの中には800万円から1,000万円を越える、高額な貸付けローンも存在しています。借入と返済の状態が良く、まとまったお金を必要とされる方は、銀行ローンに申し込むようにして下さい。

最近は、消費者金融カードローンの会社の中にも「最大500万円まで融資可能」とする所が増えて来ています。最大の借入を希望すれば、銀行ローンの金利とほぼ同じ利息となります。

また、一部の消費者金融カードローン会社は「30日間無利息」で利用出来る所も多く、短期間のキャッシングを希望される方には、大変便利な商品として人気を集めています。消費者金融 口コミを参考に審査の状況や借入のスピード、最大の借入可能額、金利、消費者金融カードローンと銀行ローンを比較して、最適なサービスを見つけてみましょう。

すぐに金を作る方法とは一体何か

突然の出費、支払いに冠婚葬祭。現金が急に必要になるシーンは珍しくありません。時にはまとまった金額が要ることもあります。ですがそういう時に限って給料日前であったりして懐具合が寒く、工面するのにはかなり苦労します。

親類や知人・友人に借りるのも躊躇われます。特に数万円の大金ともなるとなかなか都合してもらえません。勇気を出して頼みに行っても借りられなくては時間の無駄ですし、相手の心象や相手との関係性も悪くなってしまいます。

すぐに金を作る方法で最良の選択肢は、やはり消費者金融に借りることです。消費者金融というと審査に時間がかかりそうですが、即日融資を活用すれば審査を受けたその日のうちに現金が振り込まれるので非常に便利です。

注意点としては審査のスピードは早いが決して甘いわけではないことと、あまり遅い時間に申し込むと審査や振り込みが翌日以降になってしまうことです。これらの点には十分注意して、上手に即日融資を活用しましょう。